学内の研究支援制度

京都産業大学では、以下の研究支援制度を設けています。

学術研究推進支援制度

学術研究推進支援制度は、専任教員等による科研費等の外部資金の獲得の推進を主目的とした本学独自の研究支援制度です。具体的には、以下のプログラムがあります。

1. 科研費再挑戦支援プログラム

科研費申請課題のうち、採択に至らなかった課題について、次年度の再挑戦に向けた準備研究の研究費を支援するプログラムです。
(1)特定課題研究(準備研究支援)
(2)特定課題研究(若手研究者特別支援)
(3)特定課題研究(女性研究者特別支援)

2. 研究成果発信支援プログラム

研究成果の発信を支援するプログラムです。
(1)出版助成制度
(2)専門雑誌投稿料助成制度

3. 国際共同研究推進プログラム

外国の研究者との共同研究を活発にするため、国際シンポジウムの開催、国際学会での発表機会の増進を支援するプログラムです。
(1)国際シンポジウム等開催支援
(2)国際学会発表支援


その他、本支援制度により、本学教員を学術的な立場から支援して、外部資金の獲得、産官学連携、研究成果の発信、研究の国際化等を推進し、本学の研究を活性化するために専門的知識をもったURA(リサーチ・アドミニストレーター)を配置しています。

個人研究費

個人研究費は、専任教員等単独による日常の研究活動を支援することを目的とした本学独自の研究費です。具体的には、以下の費目があります。

1.学会会費等・国内研修旅費

所属している学会としてあらかじめ本学に登録している学会の入会費、年会費、参加費を支給し、また、国内で開催される学会に参加した場合や、国内で学術研究または調査を実施した場合に要した出張旅費等を支給する制度です。

2.文献複写費

本学が所蔵していない文献・資料を図書館の相互利用を通じて学外の図書館等から入手する場合に、その複写料・送料を助成する制度です。

3.基礎費

研究計画に基づく研究活動のなかで要した、研究に直接関係するものの諸経費について充当することができる研究費です。
PAGE TOP