メールシステム移行に関するQ&A

■index■

Q1. メールアドレスは現在利用している「●●@.cc.kyoto-su.ac.jp」はそのまま使えますか

 A1. はい、そのままご利用いただけます。また別名のメールアドレスを現在設定している場合はその設定も引き継がれます。

 

Q2. メールクライアント(Thunderbird等)からIMAPやPOPで利用していますが、Office365メールでも同じように利用できますか

 A2. はい、接続するサーバ名を変更することで同様にご利用いただけます。下記マニュアルを参考に設定してください。

メールクライアントソフトの設定方法

Gmail を使用して本学のメールアドレスからメールを送信する

office365スマートフォン(Android)のメールアプリ送受信マニュアル

スマートフォン(iPhone)のメールアプリでメールを送受信する

 

Q3. Active!mailから移行されたデータは何ですか

 A3. 移行されるデータは、送受信メールのみです。それ以外のデータ(アドレス帳,転送メールアドレス,署名,フォルダ振り分けルール等)は、Office365メールへ移行、および設定が必要です。詳細は以下のマニュアルを参考にしてください。

移行されたメールの確認方法

転送メールアドレスの設定方法

フォルダ振り分け設定方法 

アドレス帳の移行方法

アドレス帳変換コンバータ 

アドレス帳変換テンプレート 

署名の設定方法

 

Q4. Active!mailはいつまで利用可能ですか

 A4. 平成30年2月18日までは利用可能です。

 

Q5. Active!mailで設定していた内容を確認したいのですが、2月19日以降に確認はできますか

 A5. 2月18日時点のActive!mailには平成30年3月31日まではログインできます。ただし、送受信はできませんので移行されたメールの確認、および設定の確認以外には利用できません。

 

Q6. メールの保存は何GByteまで可能ですか

 A6. 50GBまで保存が可能です。

 

Q7. 送信メールは最大何MByteまで可能ですか

 A7. 25MBまで送信が可能です。

PAGE TOP