印刷するには


1. プリンタの利用について

 情報処理教室やオープンパソコンルーム等の情報処理設備での印刷について説明します。これらの教室のプリンタではA4サイズのモノクロ片面印刷のみ可能となっています。

印刷用紙について

 自習利用中に必要となる印刷用紙は利用者本人が準備する、というルールで運用しています(授業で必要な印刷用紙は教員が準備します)。ルーズリーフなどを使用することは禁止しています。
 印刷をする場合は、あらかじめ印刷用紙(A4 サイズのレーザプリンタ用紙またはコピー用紙)を準備してください。 印刷用紙は、学内売店等の一般量販店で購入できるものが使用できます。

A4サイズの印刷用紙を購入できる学内売店

・並楽館1階 丸善
・並楽館1階 ファミリーマート
・3号館1階 セブン・イレブン

※下記の印刷は教材・コンテンツ制作室(10号館4F)をご利用ください。(有料)
・両面印刷
・カラー印刷
・A3など,A4用紙以外のサイズの印刷

その他,PDFにしてコンビニで印刷する方法もあります。

コピー(複写)については学内にある各コピー機を利用してください。なお、コピー機の利用にはコピーカードが必要です。コピー機横の販売機で購入してください。

プリンタの利用における基本的な考え方

 原則として「プリンタの手差しトレイに印刷用紙をセットした人が印刷する権利を持つ」と考えてください。間違って他の利用者がセットした用紙に印刷してしまった場合は、印刷した枚数の用紙を返却する等、マナーを守って印刷をしてください。
 特に、すぐに印刷しないのに印刷用紙をセットしておく等、他の利用者に迷惑がかかる行為は禁止します。

印刷トラブルについて

 トラブルが発生した場合は、情報センターカウンターに連絡してください。対応を行います。トラブルを未然に防止するため、また、トラブルによる被害を最小限にとどめるため、次の事項を厳守してください。

  1. A4以外のサイズの用紙を使用しないこと。
  2. 感熱紙やレポート用紙、ルーズリーフ等、指定された印刷用紙以外を使用しないこと
  3. 一度印刷した印刷用紙を裏返して使用しないこと。
  4. トラブル状態のまま放置して退出しないこと。
  5. 紙詰まりが起きたら、無理に対処しようとせず、情報センターカウンターに連絡してください。決してプリンタの分解や無理な用紙の取り出しを行なわないこと
 

2. 印刷手順

  情報処理設備に設置してあるプリンタは、次のような形状をしています。
 プリンタ下部にあるトレイに印刷用紙をセットし、印刷を実行すると、プリンタ上部から印刷された用紙が出てきます。

プリンタの図

 印刷手順は、次のとおりです。

  1. 印刷したいファイルを表示し、印刷実行ボタンを押す直前まで操作してください。
    (例:Microsoft Wordの場合…左上「ファイル」から「印刷」を選択)
    >「Microsoft Office(Word,PowerPoint,Excel)の場合」「Internet Explorerの場合」参照
    ※ 印刷先のプリンタは、印刷設定の項目で確認することができます。 >「3. 印刷するプリンタの確認方法」参照
  2. 印刷先のプリンタに行き、他のユーザが利用していないことを確認してから、トレイの上に印刷用紙を出力枚数分(より少し多めに)セットします。
  3. 座席に戻り、印刷を実行します。
  4. 印刷先のプリンタに行き、印刷が終了するのを待ちます。
    印刷が終了したら、他の利用者が利用できるように用紙、排紙トレイ上の用紙を速やかに取り除いてください

プリンタに表示されるメッセージについて

 プリンタのディスプレイに、現在のプリンタの状態を示すメッセージが表示されます。
 それぞれのメッセージの意味は、次のとおりです。

  1. 「印刷できます」「Energy Saver Mode」
    他の人が誰も印刷していない状態です。
    印刷用紙が設置してある場合は、周りに持ち主がいないことを確認してください。
    利用者がいない場合はその印刷用紙を取り除いた上で利用してください。
  2. 「手差しに用紙がありません。補給してください。」
    印刷を実行されている状態で、印刷用紙が設置されていないときに表示されます。
    そのまま30秒間何もせずに置いておくと、「インサツデキマス」の表示に変わります。表示が変わったことを確認してから印刷用紙をセットしてください。
  3. その他の表示
    故障の可能性があります。情報センターカウンターに連絡してください。

3. 印刷するプリンタの確認方法

  1.  プリンタ名はプリンタの左上に貼られたシールで確認できます。この場合は「プリンタA」がプリンタ名です。
    プリンタ指定2
  2.  印刷をするアプリケーションにより、プリンタの印刷設定画面の表示は異なりますが、下図(Internet Explorerの場合)を参考に指定してください。下図の場合は「プリンタB」が選択されていますが、その上にある「プリンタA」も利用することができます。
    プリンタ指定1

4.印刷方法

Microsoft Office(Word,PowerPoint,Excel)の場合

  1. 左上「ファイル」タブを選択します
  2. メニュー一覧から「印刷」を選択します。
  3. 利用するプリンタをプルダウンメニューから選択します。
  4. 「印刷ボタン」をクリックするとプリンタにデータが送信されます。
office印刷方法

Internet Explorerの場合

  1. 印刷したいページを右クリックし「印刷プレビュー」を選択します。
    IEの印刷方法
  2. 左上「ドキュメントの印刷」マークをクリックし、プリンタ指定や部数指定をします。
    「印刷」をクリックするとプリンタにデータが送信されます。 IEの印刷方法2
    ※尚、メニューの「ファイル」→「印刷プレビュー」の順で上記と同じ手順を踏むことが可能ですが、メニューが表示されていない場合は 「Alt」キーを押す事で表示されます。

5.プリンタの集約印刷方法(Word,PowerPoint,PDFの場合)

 印刷用紙一枚に複数のスライドやページを印刷することができます。Wordの場合、先述した印刷ページを選択後、印刷設定画面下部から集約枚数を選んでください。PowerPointの場合も同様です。PDFファイルの場合、印刷設定画面のページ処理欄から設定を行ってください。

word集約印刷

pdf集約印刷

 また、以下図のように、プリンタのプロパティ画面から集約印刷設定することもできますが、上記ソフトウェアの設定と重複しないように注意してください。どちらか一方での設定にしてください。
プリンタの集約印刷 

6.Linux 及び持ち込みパソコンからの印刷について

 Linux 環境の一部のファイル及びMacBookなど持ち込みパソコンからプリンタへ直接印刷出力をすることはできません。印刷したいファイルはUSBメモリなどを用いることで 大学のWindows環境から印刷できることがあります。


PAGE TOP