サポート活動に興味のある方へ/サポート利用学生・サポーターの声

利用学生の声

現在サポーターの方に行っていただいているサポートは、資料の点訳やテキストデータ化、対面朗読、パソコンを用いた授業での補助などです。
サポーターと1対1で行うものもあれば、直接顔をあわせることなく、データのみのやりとりとなる場合もあります。いずれにしても、サポートしていただけるおかげで自分の学生生活は成り立っていることに変わりはなく、いつもみなさんには感謝しています。
今後とも可能な範囲でかまいませんので、少しでもお力を貸していただけると助かります。よろしくお願いいたします。

(視覚障害 理学研究科 物理学専攻 寺西修二)

私は聴覚障がいを持っているため、パソコンテイクを受けています。
大人数の授業のときは先生からの一方向の授業なので、特に困ってはいないのですが、英語やプレップセミナー等の少人数の授業はグループ内による話し合いが多いので、ついていけないことが多いです。でもゆっくり話しかけてくれたり、書いてくれたりしてくれたらとても嬉しいです!
また教室へ移動する際は、他の人の声が混じって、聞きにくいことが多くて、パソコンテイクの人とあんまり話してないのですが、本当はいろいろ話したいことを知ってほしいです!その時はゆっくり話しかけてくれるか携帯で文字を打ってくれると嬉しいです!私も積極的に話しかけたいと思っています!
みなさん、よろしくお願いします。

(聴覚障害 法学部 法律学科 高塚一真)

サポーターの声

私は3年次生の春学期からPCテイカーになりました。養成講座を受けたときは、入力と共に常にいろいろなことを意識するのに苦戦し、自分には厳しいのかなと感じました。しかし、実際に授業に入るにつれて仕事に慣れていき、入力速度もさらに速くなったと思います。
自分の得意なことで障害を持つ学生のサポートができることは嬉しいことですし、自信になります。今は1年次生のころから始めておけばよかったな、と思うばかりです。サポーターになることを迷っている方は、思い切って挑戦することをお勧めします!最初は先輩サポーターの支えもあるので、安心して取り組めますよ(^_^)

(経営学部 関 野々花)

PAGE TOP