サポートを受けたい方へ/サポートって何?

「障害があってもなくても同じように快適な学生生活が送れる」大学

障害学生教育支援センターではその実現に向けて、学生のみなさんと一緒に、修学支援を中心とした様々な環境調整(=サポート)をおこなっています

サポートのスタンス

本学では、サポートの必要があり、希望される方に対して、個別に状況を伺いながら、一人一人の状況に応じたサポートの方法を考えていきます。
それぞれの困りごとに対して出来る限りのサポートを行いますが、サポートできる範囲には限界もあります。その時はどんな方法が可能か、一緒に考えましょう。

また、障害があってもサポートを望まない方にはサポートを行いません。これは、本人の意思と自主性を尊重するからです。
しかし、大学での修学環境は高校までとは大きく違います。

例えば…

  • 時間割は大まかなルールにのっとって自分で決める。
  • 決まったクラスがないので、授業毎に教室を移動し、受講する学生の顔ぶれも違う。
  • 担任の先生はおらず、授業や試験、各種手続きの情報は自分で探し確認する必要がある。

つまり、決められたものを与えられるわけではないので、自分で考え、行動し、それぞれの担当窓口でコミュニケーションをとっていく必要があります。
そのため、不便を感じる場面も増えてくると思います。その場合、新入生だけでなく、在学の途中からでも、一度はサポート不要と判断した方でも、遠慮なく障害学生教育支援センターへ相談しに来てください。どうすれば大学生活が過ごしやすくなるか、改善に向けて一緒に考えていきましょう。

サポートの範囲

本学では、以下の場面をサポートの対象としています。
(※サポートに係る経費の負担は、原則として不要です。)

  • 本学内での授業
  • 授業以外の学生生活に必要な行事
    (例:入学式、オリエンテーション、各種ガイダンス・説明会、卒業式 等)

※それ以外の場でのサポートについては、別途ご相談ください。

サポートの一例

※詳細は<サポートの種類>をご覧ください。

  • 「身体や脳機能に障害があるために授業が十分に受けられない」という方には、学生サポーターが障害のない学生と同じスタートラインに立てるよう、情報を補ったり、要点を取りこぼさないようノートをまとめたりします。
  • 履修の調整や、卒業後の進路、勉強やそれ以外のことで困っている方には、障害学生教育支援センターが窓口となって、教員や学内の関連部署へつなぎます。

サポートをするのは、スタッフだけではありません。授業中のサポート等は、主にトレーニングを受けた学生サポーターが行います。
同じ学生だからこそ気付くこと、分かりあえる事もきっとあると思います。
サポートを通じて、サポートを利用する学生と学生サポーターとが親睦を深めるうちに、障害に対する理解を深め、互いに学びあえる場となることを期待しています。

個人情報保護

障害学生教育支援センターでは、個人情報の管理を徹底しております。
学生サポーターにも守秘義務として、サポート上知り得た個人情報を他に口外しないよう注意しています。
ただし、サポートを行うにあたって学内の関連部署等へ情報の共有や開示が必要な場合は、本人の同意を得たうえで共有し、より細やかなサポートにあたります。
PAGE TOP