休学・復学・退学等について

(1)休学

病気その他やむをえない理由により3ヶ月以上修学できない場合は、教学センターに「休学願」を提出し許可を得なければなりません。ただし、病気による休学の場合は医師の「診断書」を、海外渡航による休学の場合は「渡航計画書」を添付してください。
休学できる期間は連続して2年以内、通算して4年以内です。

休学期間および休学中の学費

1年間または1学期間の全期間を休学する場合は次のとおりです。
休学期間 休学願提出期限 休学中の学費
1年間(4月1日~3月31日) 4月30日 所定の在籍料
※春学期・秋学期2期に分けて納入のこと。
春学期(4月1日~春学期終了日) 4月30日 所定の在籍料
秋学期(秋学期始業日~3月31日) 10月31日 所定の在籍料
≪注意!≫授業料は免除されますが、休学に必要な学費(在籍料)を納入しなければなりません。

休学期間終了直前の手続き

休学期間終了直前(春学期は7月下旬、秋学期は1月下旬)に、休学期間後の修学について、本人及び保証人宛に「修学意志確認」の書類を送付します。

連続して休学する場合

休学期間終了後も引続き休学を願い出る場合は、再度「休学願」を提出し許可を得なければなりません。修学意志確認書類に同封の「休学願」を、所定の期日までに教学センターに提出してください。

≪注意!≫連続して休学する場合の「所定期日」は、復学願提出期限日となります。

(2)復学

休学者が復学しようとする場合は、教学センターに「復学願」を提出し許可を得なければなりません。ただし、病気により休学していた場合は、復学しても支障ない旨の医師の「診断書」を添付してください。
復学を希望する学期 手続期間
春学期 2月1日~2月末日
秋学期 8月1日~8月31日

(3)除籍

次のような場合は、除籍します。

  1. 所定の納入期日までに学費を納入しない場合
  2. 休学期間終了までに復学、休学延長、退学のいずれの手続きもとらなかった場合
  3. 留学期間終了までに帰国、休学、退学のいずれの手続きもとらなかった場合
  4. 休学期間が4年を超えてなお、復学または退学しない場合
  5. 在学期間が8年を超える場合
  6. 正当な理由がなく所定の手続きを怠り、修学意志がない場合

なお、除籍された人は学生証を直ちに返還してください。

除籍日

事由 除籍日
春学期学費未納者 前年度 3月31日付
※ただし、学費分割延納者が1回目を納入して2回目を納入しなかった場合は、5月31日付
秋学期学費未納者 前春学期末日付
※ただし、学費分割延納者が1回目を納入して2回目を納入しなかった場合は、11月30日付
上記理由2, 3, 4, 5 事由が該当する学期の満了日付(学期末日)
上記理由6 事由が該当する学期の前学期末日付

(4)復籍

除籍となった人は、除籍された年度内に限り、復籍を願い出ることができます。

復籍手続き

除籍となった人が復籍しようとする場合は、除籍された学期からその年度内の所定の手続期間に、「復籍願」を保証人連署のうえ、教学センターに提出してください。
復籍手数料として3,000円が必要です。(所定の振込用紙による郵便振込)
前年度3月31日付で除籍となった人は、復籍することはできません。
復籍を希望する学期 手続期間
春学期 2月1日~2月末日
秋学期 8月1日~8月31日
≪注意!≫復籍を許可された人は、所定の日までに入学金以外の学費を納入しなければなりません。所定の日までに学費を納入しない場合は、復籍を取り消します。

※復籍を許可された人には、学生証を教学センターで再交付します。

(5)退学

病気その他やむを得ない理由により退学しようとする人は、「退学願」を保証人連署のうえ、学生証を添えて教学センターに提出し、許可を得なければなりません。
なお、当該学期履修科目の単位修得を希望する人は、当該学期末日付で退学願を提出しなければなりません。

(6)再入学

以下のいずれかに該当する人が、離籍した学期を含め3年以内に同一学部学科に再入学を希望する場合、選考のうえ許可することがあります。
ただし、再入学しても残りの在学期間で卒業見込みがない人は、再入学を願出ることはできません。

  1. 退学した人
  2. 前年度3月31日付けで除籍となった人(除籍事由(4)および(5)の該当者は除く。)
  3. 復籍願出期間内に復籍の手続をしなかった人  
希望者は「再入学願」を保証人連署のうえ、「再入学志願票」、「健康診断書」を教学センターに提出してください。
再入学手数料として35,000円が必要です。(所定の振込用紙による郵便振込)
再入学を希望する学期 手続期間
春学期 2月1日~2月末日
秋学期 8月1日~8月31日
≪注意!≫ 再入学を許可された人は、所定の日までに入学金と学費を納入し、入学手続書類を教学センターに提出しなければなりません。所定の日までに入学手続を行わない場合は、再入学を取り消します。
なお、入学金の額は最初に入学した年度の入学金と同額とします。
※再入学を許可された人には、学生証を教学センターで再交付します。
PAGE TOP