ラーニングコモンズのコンセプト

ラーニングコモンズとは?

京都産業大学では、ラーニングコモンズを、学生が相互に刺激を与え合いながら、知的に成長するための「共創空間」として展開しています。
ディスカッション、プレゼンテーションといった相互理解のために社会的に必要な活動を日常的に行い、予測困難な時代において最善策を導くための基礎力と、主体的に学び、考えるという学習態度を養います。
具体的には、次のような環境整備を行っています。

  • ICT機器の整備:モニタやプロジェクタ、PC、iPadの貸出し等、豊富なICT設備をご利用いただけます。
  • グループ学習のできる環境:ホワイトボード、モニタ等の整備により、グループでのディスカッション、協調作業を快適に行って頂けます。
  • 様々な学習スタイルで学ぶ環境:ディスカッションに最適なL字型ダイナー席、モニタが配備されたグループ学習席、移動が容易な机と椅子など、様々なスタイルでご利用いただけます。
  • 学習支援プログラムの提供:PCやモニタ、プロジェクタ等のICT利用サポート、ライティング/プレゼンテーションに関する支援、プチ・セミナーなどを実施し、学習の上で困ったことや、知っていると嬉しいことについてスタッフが支援します。

京都産業大学・雄飛館ラーニングコモンズの特徴は?

雄飛館ラーニングコモンズでは、チームで学ぶことに特化した環境整備を行っています。

  • チームで知識(アイデア)を表現(プレゼンテーション)したり…
  • チームで知識(アイデア)を交換(ディスカッション)したり…
  • チームで知識(アイデア)を創造(企画書・提案書・レポートの作成)したり…

といった活動を行っていただくことができます。

お問い合わせ先
京都産業大学 雄飛館ラーニングコモンズ
Tel.075-705-3012(内線9753)
fax.075-705-1448
事務取扱時間:月曜日~金曜日 8:45~16:45 ※休館日を除く
(教育支援研究開発センター事務室 学習支援担当)
y-lc@star.kyoto-su.ac.jp
PAGE TOP