セクシュアル・ハラスメント等人権侵害防止

セクシュアル・ハラスメント等の人権侵害を受けたら?

あなたがセクシュアル・ハラスメントを受けたり、差別や嫌がらせにあい、苦痛に思ったら、一人で悩まないで、人権センター・専門相談員もしくは窓口相談員にご相談ください。

これってハラスメント?苦痛を感じたら、一人で悩まず相談を!!

人権センターでは、セクシュアル・ハラスメント等、人権侵害の相談窓口を設置しています。

相談取扱例

セクシュアル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメント、パワー・ハラスメント、マタニティ・ハラスメント、ドメスティック・バイオレンス、デートDV、その他人権侵害全般(同和問題、在日外国人問題、国際問題等)
※プライバシーの保護に努め、秘密は厳守します。安心してご相談ください。

セクシュアル・ハラスメントの防止

京都産業大学では、教職員や学生など、すべての構成メンバーの教育・研究環境を快適なものにするために、「学校法人京都産業大学セクシュアル・ハラスメントの防止及び対応ガイドライン(PDF)」を制定しています。

すべての構成員は、セクシュアル・ハラスメントのない安全な大学で、勉学に励み、充実した教育・研究・勉学の生活を送る権利を保障されています。

万一、セクシュアル・ハラスメント等の被害を受けたと思ったときは、ひとりで迷ったり、自分を責めたりしないで下さい。京都産業大学は、あなたの訴えに耳を傾け、真摯にその解決をはかります。

相談は、人権センター・専門相談員か、窓口相談員に電話や電子メールでご連絡いただくか、人権センターまで直接おいでください。匿名でもかまいません。被害を目撃した第三者の方も相談できます。また学内だけでなくアルバイト先や就職活動中に出会ったセクハラでも、相談の対象になります。

被害を訴えたあなたの秘密は厳守されますので、安心して相談してください。京都産業大学は、被害者の立場に立った解決策を講じます。

相談員

専門相談員

亀井 明子

月曜日12:30~16:30人権センター在室
TEL(直通)075-705-1954
※専門相談員への直通電話がつながらない等、お急ぎの場合は人権センターへご連絡ください。

窓口相談員

教員

  • 西村 佳子(経済学部)
  • 在間 敬子(経営学部)
  • 若狭 愛子(法学部)
  • 木原 麻子(現代社会学部)
  • 渡辺 史央(外国語学部)
  • 藤倉 恵子(文化学部)
  • 河合 由起子(コンピュータ理工学部)
  • 西野 佳以(総合生命科学部)

事務職員

  • 野村 明美(外国語学部事務室)
  • 森 由佳(理学部事務室)
  • 渕 三佐子(総合生命科学部事務室)
  • 真部 理恵(図書館)
PAGE TOP