新生活に備えよう!

体温計

正確な体温を確認することは、自分の症状を把握するための基本です。
少しでも体調不良を感じたら、まずは体温測定をしてみましょう。
また、普段から平熱も確認しておきましょう。

経口補水液またはスポーツドリンク

発熱による発汗・下痢・嘔吐・食事量の低下などによる脱水状態を防ぐためにはとにかく水分補給が必要です。脱水時に不足する糖分・塩分・ミネラルを含んだ飲み物を準備しておくと安心です。

非常食

ひとり暮らしで病気になると買い物や料理が出来ません。
早期回復のためにも、簡単に食べられる食料を用意しておきましょう。

 例)

レトルト食品 おかゆや野菜スープ、シチューなどすぐに準備ができて、消化の良いものを用意しておきましょう
パン 意外に消化がいいので、病気の時には最適です
冷凍保存しておいて、そのまま焼いて食べましょう
缶詰 野菜の水煮缶、ツナ缶など、簡単な調理で食べられるものや果物の缶詰も食欲の無い時には重宝します
冷凍野菜 レンジなどで温めるだけで食べられるので、不足しがちなビタミンなどの栄養補給に欠かせません

マスク

咳が出る時は、周りの人にうつさないためにも必ずマスクをしましょう。また、マスクは喉を加湿し保護する効果もあります。少しでも喉が痛いなと感じたらうがいをしてマスクをつけて寝ると悪化を予防でき回復が早くなります。

その他…プラスαアイテム

湯たんぽ・冷えピタ、氷枕など

しんどい時に探すのは大変、確認しておこう!

保険証

普段から保管場所を確認しておきましょう

行きやすい病院

風邪などの症状では内科に受診するのが一般的です

風邪などの病気の受診には学生健康保険互助会制度の医療費給付が使えます。

PAGE TOP