海外へ渡航される方へ

海外では、日本にはない病気が多数あります。海外旅行では、時差や気候の違いなどから様々なストレスを受けるため、免疫力が低下し感染症にかかりやすくなってしまいます。感染症にかかることなく、安全で快適に旅行し帰国ができるように、現地で流行している感染症を調べて正しい知識と予防方法を身につけましょう。

般的な感染症対策

  • 生もの、生水、サラダ、フルーツ等の加熱されていない食品の飲食は避けましょう。
  • 食事は十分に火の通った信頼できるものを食べましょう。
  • 蚊やダニに刺されないために,長袖・長ズボンの着用や虫除けスプレーを使用しましょう。
  • 動物は狂犬病や鳥インフルエンザなどのウイルスをもっていることがあります。むやみに近寄ったり、触らないようにしましょう。
  • 薬物やゆきずりの性交渉で感染し、一生の後悔をすることのない行動をとりましょう。

帰国時の対策

帰国時に発熱や咳、下痢、具合が悪いなど体調に不安がある場合や、動物に咬まれたり、蚊に刺されたなど健康上心配なことがあれば空港や港に設置されている検疫所で相談しましょう。

帰宅後の対策

感染症には、潜伏期間(感染してから発症するまでの期間)が数日から1週間以上と長いものもあり、渡航中あるいは帰国直後に症状がなくても、しばらくしてから体調が悪くなることがあります。その場合は必ず医療機関を受診し、異常がないことを確認してから登校するようにしましょう。

海外の感染症に関する情報サイト

PAGE TOP