■紫野高校と本学留学生との交流会

2004.11.16

TAG:

トピックス
 文科省のSuper English Language High Schoolに認
定されている京都市立紫野高校から31人(アメリカの
高校生4人含む)と教員4人の計35人が11月16日、本学
を訪問し、本学留学生と交流した。
 本学留学生と交流することで、英語の会話力を磨
き、相互理解を深めようという目的。

 16時30分、本学のクラフリン マシュー外国語学部
講師が本館前に到着した一行を出迎え、キャンパス見
学へ。留学生のベッツ ビクター君、張 帥君、カン
スン ホン君、キュー パーシー ポーチン君、郭 芳君
さん、チョトリ シモーナさんの案内で、ピロティ→2
号館(理学部)→3号館(外国語学部)→5号館(経済・
経営学部)→11号館(文化学部)→8号館(食堂・マ
クドナルド)→中央図書館→神山ホールを見学した。
図書館見学では、本学留学生が、図書館内の施設・設
備を留学生が英語で紹介した。続いて神山ホールの大
ホールを見学した後、同3階のラウンジふるさとで交
流会が開かれた。

 交流会では本学スタッフによる6人の本学留学生の
紹介に続き、本学の留学生が協力して本学の大学紹介
を行った。このあと、紫野高校の紹介と留学生(アメ
リカ・ブレア高校生)が紹介された。

 最後は参加者全員が6つのグループに分かれて、約
1時間30分交流がなされ、参加者一同、熱のこもっ
た英語での会話を通じ、所期の目的を達成した。閉会
時には、本学とブレア高校間で記念品の交換も行わ
れ、両校との親睦を深めることともなった。

紫野高生による学校紹介(ラウンジふるさと)
PAGE TOP