サギタリウス・チャレンジ(チャレンジ部門)の採択企画「子どもの暮らしにクラシック!」

2015.11.07

TAG:

トピックス
 11月7日、京都市北区の児童養護施設 京都聖嬰会で開催された「聖嬰会まつり」発表プログラムにて、2015年度サギタリウス・チャレンジ(チャレンジ部門)の採択企画である「子どもの暮らしにクラシック!」が行われた。

 日頃、音楽活動に携わっている団体メンバーが音楽の素晴らしさをより多くの人々に伝えたいという思いから、「子どもたちに音楽をもっと楽しんでもらう」「難しいと思われがちなクラシック音楽に興味を持ってもらう」ことを目的に今回の活動が企画された。

 子どもたちは、植木鉢を思い思いにデコレーションし、学生と一緒に手作りした太鼓やマラカスでクラシック演奏を行い、会場を盛り上げた。演奏後、会場は大きな拍手に包まれた。

 団体代表の三喜 由生さん(経営・2年次)は「発表会の数日前から子どもたちと一緒に楽器を作り始めた。子どもたちが楽器作りを楽しんでいる姿を目にして、うれしく思った。子どもたちと一緒に演奏・発表することもあり、曲のクオリティや見せ方等に気をつけながら、練習を行った。当日、上手く演奏することができて本当によかった。今後も機会があれば、活動を続けていきたい」と感想を寄せた。
今回の企画に参加した学生たち
子どもたちと一緒にクラシック曲を演奏した
PAGE TOP