平成27年度第2回ティーチング・アシスタント(TA)研修会開催

2015.09.30

TAG:

トピックス
 9月30日、平成27年度秋学期のTA活動に備え、教育支援研究開発センター主催で「第2回ティーチング・アシスタント(TA)研修会」が開催され、春学期にTAを担当した院生のほか、秋学期に新たにTAを担当する院生も含め32人が研修に参加した。

 今回のTA研修会では、TAの教育能力やモチベーションの向上を目的として、春学期のTA活動の振り返りと、TA同士のノウハウの交換、また理想とする授業支援などについて意見の交換が行われた。

 小林満教育支援研究開発センター長からの開会挨拶の後、学長室(教育支援研究開発担当)の山内尚子課長補佐より、春学期に実施された「TAに関する実態・実感調査」結果の話題提供があり、その後、文系学部と理系学部毎にTA経験者・新規TAがグループに分かれ、職員ファシリテータと共にグループディスカッションが行われた。

 TA経験者のグループでは、春学期に「私が支援した授業」について「嬉しかったとき」「残念に思うとき」、「ここで困った!授業支援」などのカードを使って振り返りを行い、学部学生への授業支援のやり甲斐や課題の共有、授業支援のノウハウなどについて意見交換を行った。
 また新規採用TAのグループでは、自らが学部学生の頃に目にしたTAのエピソードを交えて、理想とするTAについて意見交換を行い、TAを始めるに当たっての心配や不安なども話し合った。ディスカッション終了後、「TA業務で私が受講生のために大事にしたいこと」を各自が一言にまとめ、表明し合った。

 参加者からは、「学生との距離感の保ち方について気づきが得られた」や「自分のがんばりたいこと、気をつけたいことを再確認できた」などの声が寄せられた。

 本研修会の模様や意見交換の内容は、後日『CERADES News』(教育支援研究開発センターニュース)などに取りまとめ、今後のTA活動の一助となるよう発信を行う。
TAのやりがいや、授業を支援する際の課題など意見を交換
教育支援研究開発センター職員が各グループのファシリテータとして参加
「TA業務で私が受講生のために大事にしたいこと」を参加者が共有
PAGE TOP