平成27年度第1回研究力向上セミナー「がん研究に取り組む」開催

2015.10.27

TAG:

トピックス
 アカデミックな環境以外の研究に目を向け、研究に対する視点を拡げることを目的に、10月27日、ダイバーシティ推進室 平成27年度第1回研究力向上セミナーを実施した。

 ダイバーシティ推進室 副室長である、総合生命科学部 瀬尾 美鈴教授による進行で、はじめに、中外製薬株式会社 トランスレーショナルクリニカルリサーチ本部長の青木 裕子さんが、「がん研究に取り組む−個別化治療に向けた新規抗がん剤の創製−」をテーマに講演を行った。国際的な競争の中での創薬研究を取り巻く環境や、青木さんが取り組んでいる、肺がん治療における個別化治療(人それぞれが持つ遺伝子特性の違いに着目し、各個性に合わせた治療を行う)の研究について説明があった。

 講演を受けての創薬研究に関する質疑応答に続き、学生からは、女性研究者として企業で研究を続けて来た青木さんに、キャリアについての質問が出た。青木さんは「新しい薬を自分で作りたい」との思いを貫いてきた結果、今の自分があると答え、学生には「井の中の蛙にならないよう気を付け、自分のやりたいことをやろう!」とのメッセージを送った。

講演する青木 裕子さん
質疑応答の様子
PAGE TOP