「人事・労務インターンシップ報告会」開催

2015.09.14

TAG:

トピックス
 9月14日、4号館4G演習室で「人事・労務インターンシップ報告会」が行われた。

 「人事・労務インターンシップ」は、融合教育(フレキシブルカリキュラム)の学部融合プログラム「人事・労務プログラム」の演習科目である。主に2年次生を対象に、社会保険労務士事務所において就業体験をすることにより、早期に職業イメージを持たせ、今後の同プログラムにおける学習の意欲を高めることを目的としている。

 今年度は、法学部3年次生1人と2年次生1人の計2人の学生が、社会保険労務士事務所において、5日間、実務を体験した。その体験の成果や今後の大学生活や将来の目標などを、京都府社会保険労務士会の社会保険労務士の先生方や担当教職員、同インターンシップ科目を昨年度受講した先輩学生に対して報告した。

 就業体験した学生からは「積極的に学ぶ姿勢が大事であることがわかった」、「手続き業務だけでなく、実際のコンサルティング業務に同行させていただくことができて良い経験になった」といった感想が述べられた。

 なお、今年度の「人事・労務プログラム登録説明会」は、9月25日 12時30分から、4号館4I演習室にて行われる。
報告会風景
報告する学生
PAGE TOP