「O/OCF-PBL2」の受講生が特別養護老人ホームでレクリエーションを開催

2015.08.18

TAG:

トピックス
 8月18日(火)、キャリア形成支援プログラム「O/OCF-PBL2」の受講生9人が兵庫県宝塚市デイサービスセンター愛和苑にてレクリエーション〜私たちが住みたい街づくりマップ〜を特別養護老人ホームの高齢者約40人とともに作成した。

 「O/OCF-PBL2」とは、企業や団体から提供された課題を解決することによって、社会人基礎力の育成を図るキャリア形成支援プログラムである。「社会医療法人愛仁会クラス」では、「私たちが最期まで住みたい街とはどのようなものなのか」という課題に対して、今回、高齢者と学生のコミュニケーションのツールや学生と高齢者の考え方のギャップ等を調べるために実施した。高齢者約10人と学生約2人の計4グループに分かれ、それぞれが思い思いの街を形成した。

 今回の企画・運営をした学生からは、「高齢者の方の住みたい街に対するそれぞれのこだわりや意志が強く感じられた」といった感想が挙がった。
レクリエーションの当日、準備をしている学生たち
PAGE TOP