第4回Monthly GSC 開催

2015.07.15

TAG:

トピックス
 7月15日、雄飛館ラーニングコモンズにて、グローバル・サイエンス・コース(GSC)の今年度4回目の月例勉強会、Monthly GSCが開催された。

 今回は、コンピュータ理工学部水口 充教授の司会進行で、「相談できる先輩をみつけよう」をテーマにワークショップ形式で開催され、1期生13人、2期生2人の合計15人が参加した。

 GSCでは卒業後の自らのキャリアについて主体的に考え、広い視野で将来を見通すことを目標としているが、本ワークショップでは、なりたい将来の自分になるために、それぞれが今後1年間で必ずやるタスクを定め、タスクをクリアするために必要な情報を集めるには、どんな人に相談すればよいかをディスカッションした。

 グループワークでは、個々で考えた「なりたい自分像」を披露した。相談したい先輩については、上級生や卒業生、専門科目や英語の先生、両親など、自分にはない経験や知識を持っている先輩の名前が次々とあがり、この1年でどんなタスクを達成すればよいか、具体的な道筋を発表し、相互に刺激を受ける場となった。


GSCのその他の活動報告はこちら

学生に説明をする水口教授
ワークシートを用い、「なりたい自分像」を考える学生
最終発表では活発な意見交換が行われた
PAGE TOP