京都産業大学創立50周年記念事業シンポジウム「若泉敬先生の再発見−沖縄返還交渉と日本の未来−」開催

2015.07.25

TAG:

トピックス
 7月25日、廣池千九郎記念講堂で本学世界問題研究所主催の京都産業大学創立50周年記念事業シンポジウム「若泉敬先生の再発見−沖縄返還交渉と日本の未来−」が開催され200人が参加した。 (共催:公益財団法人モラロジー研究所※)

 佐伯 浩明氏(ジャーナリスト、元産経新聞政治部 編集委員)による基調講演に続いて、所 功 氏(本学名誉教授、公益財団法人モラロジー研究所 教授)の司会によるパネルディスカッションが行われ、佐伯 浩明 氏、西原 正 氏(一般財団法人 平和・安全保障研究所理事長、元防衛大学校長)、東郷 和彦(本学世界問題研究所長)、吉村 信二 氏(本学 卒業生) がパネラーとして登壇した。

 基調講演では「沖縄返還交渉と日米関係の一側面(若泉敬先生を偲ぶ)」と題し、佐伯 浩明 氏が沖縄返還交渉に託した若泉敬先生の「志」について語られた。

 パネルディスカッションでは、登壇者が若泉敬先生との関わりや想いについて、それぞれの立場から述べられた。

※会場となった廣池千九郎記念講堂および共催の公益財団法人モラロジー研究所は千葉県柏市 廣池学園のキャンパス内に設置されている。

・公益財団法人モラロジー研究所ホームページ 開催報告
基調講演で若泉先生の志を語る佐伯浩明さん
パネルディスカッションを熱心に聴く参加者
司会を務める所功名誉教授
PAGE TOP