修学院中学校の生徒が就業体験

2015.06.04

TAG:

トピックス
 6月4日から6月9日までの平日4日間、京都市教育委員会が推進する「生き方探求・チャレンジ体験」の一環で、京都市立修学院中学校の2年生2人が大学での就業体験を行った。 
 
 4日、5日は本学の図書館において貸出・返却のカウンター業務などを、8日、9日は文具などを販売する「Campus shop M’s Style」において、レジ・検品・品出しやキャンパスグッズを企画する本学学生団体と一緒にグッズの企画提案を体験した。

 参加した生徒は4日間を振り返り、「仕事がこんなに大変だと分かっていなかったが、達成感や楽しさを感じることができた」「緊張したが、優しく教えてもらえて良かった。オリジナル商品の制作もさせてもらえて楽しかった」と感想を述べた。
図書館で本の貸出・返却のカウンター業務を体験
図書館職員の指導を受けながら体験を行った
PAGE TOP