経営学部 松高 政ゼミ 「東山区民ふれあいひろば」で食物アレルギー対応のどら焼きを販売

2015.05.24

TAG:

トピックス
 5月24日、経営学部松高ゼミが“2015東山区民ふれあいひろば”に参加した。この催しは、区民の東山区への愛着心の高揚と、区民相互のふれあいを深めることを目的として毎年開催されている。

 松高ゼミは、京都市東山区と協働したプロジェクト『東山おもてなし隊』を結成し、誰もが安心して観光を楽しめる「ユニバーサルツーリズム」のまち・東山の実現を目指し、観光客等に対して親切できめ細かいサービスを提供するお店や施設等でつくるコミュニティを設立して様々な形でのサポートに取り組んでいる。今年度は、食物アレルギーを持っている方でも安心して食事を楽しんでもらえることを目的として、社会福祉法人「京きよみず工房Sola」と共同で開発した「食べる米粉の京野菜どら焼き」を販売した。

 今回販売した「食べる米粉の京野菜どら焼き」は、小麦粉ではなく米粉を使用しているため、小麦アレルギーの方でも食べることができる。もともと米粉を使ったおいしいどら焼きが自慢だった「工房Sola」に京野菜を使った京都らしいどら焼きができないかと提案し、何度も試作・試食を繰り返した結果、おいしいどら焼きが完成した。

 用意したどら焼き150個は、販売開始2時間で全て完売。購入者からは、「これなら食物アレルギーでも安心して食べられる」「小麦粉で作ったどら焼きよりも美味しい」と大変好評だった。
何度も試作・試食を繰り返した
用意したどら焼きはすべて完売
PAGE TOP