WACE第19回世界大会 学生企画ワーキンググループ 第1回全体ミーティング開催

2015.03.26

TAG:

トピックス
 2015年8月に本学で開催される世界産学連携教育協会(WACE:ウェイス)第19回世界大会に向け、3月26日、学生企画ワーキンググループの第1回全体ミーティングが開催された。

 世界大会には海外からの参加者約200人を含む500人を超える参加が見込まれ、学生チームが「学生らしいおもてなし」を企画する。第1回全体ミーティングでは、京都や本学の魅力を発信する活動や、実際に参加者のアテンドを行う活動等、50以上のアイデアが挙げられ、今後、精査した後、約3ヶ月かけて準備が進められていく。

 WACE学生参画ワーキンググループリーダーの中西佳世子 文化学部准教授からは、「このプロジェクトは、プロセスも重要だが、企画を成功させることが必要である。皆で頑張りましょう。」と力強く意気込みが語られた。このチームには学生有志35人が参加しており、学生たちは各自が考えたアイデアを発表し、グループに分かれポスター発表を行った。
学生有志35人が集い、学生企画チームの活動が始動した
学生が企画した「おもてなし」案をプレゼンテーションした
PAGE TOP