総合生命科学部 生命資源環境学科 卒業研究発表会開催

2015.03.02

TAG:

トピックス
 この春に卒業する総合生命科学部 生命資源環境学科4年次生33人による卒業研究発表会が3月2日に開催され、多くの学部生や大学院生も参加し、参加者が100人を超える盛況な会となった。

 発表会の前半では、研究概要を1分間のプレゼンで紹介する「ショートトーク」、後半には研究成果をポスターで発表する「ポスター発表」が行われ、活発な議論が繰り広げられた。また、最後には、優秀な発表をした学生へ発表賞(最優秀発表賞および優秀発表賞)が授与された。

 最優秀発表賞を受賞した戸田 暁之さん(津下 英明 研究室)は、「約1年半の間、自分が行ってきた研究なので、より多くの人に理解してもらいたいと思い、丁寧に説明しようと心掛けていたが、人に研究成果を伝える難しさを感じた。しかし、ポスター発表は、自分の研究を客観的に見ることのできる良い機会になったし、この経験は今後の研究生活にも生かせると思う。」と感想を述べた。

 4年次生の進路は大学院進学や就職と様々だが、卒業生からは4年間の経験を活かして活躍したいという意気込みが感じられた。
ショートトーク会場の聴衆
ポスター会場の様子
発表した4年次生の集合写真
PAGE TOP