神山天文台ボランティアチームの学生が岩倉図書館で地域交流イベントを開催

2015.02.19

TAG:

トピックス
 2月19日、神山天文台ボランティアチームの学生による地域交流イベントが、京都市岩倉図書館にて開催された。

 昨年8月に引き続き2回目の開催となる今回は、スライドを使って星の見つけ方や天体についてわかりやすく解説を行い、その後小型の天体望遠鏡による観望会を実施した。

 あいにくの天候のため限られた時間でしか星を見ることが出来なかったが、金星や木星といった惑星や、ベテルギウスやシリウスのような恒星まで様々な星を観望することができた。

 観望会以外にも天体シミュレータMITAKAによる宇宙の旅上映会の実施、各種小型天体望遠鏡や理学部学生が製作した自作望遠鏡の展示などを通して、参加した子供たちが宇宙の壮大さや神秘に触れることのできる機会となった。

 参加者からは「今後もイベントを継続して実施してほしい」といった学生チームの今後の活動に期待が寄せられた。
解説をするボランティアチームの学生
観望会の様子
PAGE TOP