WACE世界大会 in Kyotoプレ大会開催

2014.08.30

TAG:

トピックス
 8月30日、本学むすびわざ館において、WACE世界大会 in Kyotoプレ大会(以下、プレ大会)が、「わが国のコーオプ教育の確立に向かって〜産学協働教育の新たなステージへ〜」というテーマで開催された。
 WACEとは、産学連携教育に携わる個人・学校・企業・政府・自治体等を支援し、その展開・拡大・ブランディングを行う唯一の国際機関で、世界約50カ国、900以上の教育機関や企業が加盟しており、WACEが主催する最大規模の国際会議が「WACE世界大会」である。2015年8月19日から21日には、日本で初となる第19回世界大会が本学で開催される予定。
 今回のプレ大会は、世界におけるコーオプ教育の動向や日本での実践事例、産学連携教育の可能性を含む今後の展望を共有し、理解を深める目的で行われた。
 プログラムは、文部科学省高等教育局専門教育課企画官 小谷利恵氏、経済産業省経済産業政策局産業人材政策室室長補佐 近田高志氏の基調講演、WACE CEO ポール・ストーンリー氏の招待講演に次いで、Session1(討論会)、Session2(分科会)が行われ、Session3(全体討論)で締めくくられた。
 大学・高専・高校・企業・行政関係者など約300人の参加があり、活発に議論が展開された。

詳細はWACE世界大会 in Kyotoプレ大会開催報告を参照。


WACE世界大会Webサイト 
http://www.kyoto-su.ac.jp/path/wace/
「グローバル社会を生き抜く力の育成に産学官がすべきこと」というテーマで行われたSession1(討論会)
Session2(分科会)では、大学、高専、高校、企業関係者等が具体的なテーマでディスカッションを行った
PAGE TOP