ベトナム 3大学を訪問、2大学と協定締結

2014.08.04

TAG:

トピックス
 8月4〜7日、京都産業大学 藤岡 一郎学長、中谷 真憲学長特命補佐(法学部教授)、佐藤 洋一郎フューチャーセンター教授、今井 一雄本学同窓会長らが、ベトナム社会主義共和国の3大学を訪問し、フエ大学、ダナン大学と交流協定を締結した。

 8月4日にはフエ大学(Hue University)を訪問し、交流協定を締結した。フエ大学からは、Truong Quy Tung副学長、Le Van Thuyet 国際教育センター長、Ho Thi To Nga国際連携部副部長らが出席した。藤岡学長は、世界問題研究所、鳥インフルエンザ研究センターなどにおいて、日本とベトナムに関わる社会、経済、政治、環境などの問題を取り上げ、研究成果をあげていることに言及し、当面はこれらの分野を中心に、両大学の研究交流がより一層促進されることを期待する、と述べた
 フエ大学の前身は1803年創立の帝国大学で、アジアで最も古い大学の一つとして知られている。また、京都府とフエ省、京都市とフエ市の間に交流協定があり、官民レベルでの交流が盛んである。
 調印式の後、今後の学術交流の進め方、研究協力体制の構築などについて、熱心な意見交換が行われた。

 8月5日にはダナン大学(The University of Da Nang)を訪問し、交流協定を締結した。ダナン大学側からは、Tran Van Nam学長、Ho Long Ngoc国際連携部副部長らが、調印式に出席した。
 藤岡学長は、この協定締結を機に、日越協力関係の構築、世界平和への貢献のためにも、両大学間の交流をより一層深めていきたいと述べた。
 ダナン大学は、1994年、ダナン市内の複数の単科大学等を統合し、国立大学として創立された。海外から留学生の受け入れを積極的に行っており、英語による教育プログラムが、充実している。
 また、調印式の後は、今後の交流について、活発な意見交換が行われた。
 これらの協定によりベトナムとの協定校は4校となり、本学の協定校は23ヵ国65大学、1研究所となった。

 8月7日には協定校のベトナム国家大学ハノイ人文社会科学大学(University of Social Sciences and Humanities, Vietnam National University Hanoi)を表敬訪問した。
 会談には、ベトナム国家大学ハノイ人文社会科学大学から、Pham Quang Minh 副学長、Pham Thi Thu Giangの東洋学部 副学部長ら計4人の教職員が出席し、今後の学生・研究交流の進め方や協力体制について、意見交換が行われた。
 ベトナム国家大学ハノイ人文社会科学大学は、首都ハノイに所在しており、1945年に設立された名門大学である。本学は、2012年に協定を締結している。

詳しくはこちら
協定書を手にする藤岡学長(左)とフエ大学Truong Quy Tung副学長(右)
藤岡学長(左)とダナン大学Tran Van Nam学長(右)
藤岡学長(左)とベトナム国家大学ハノイ人文社会科学大学Pham Quang Minh 副学長(右)
PAGE TOP