京都産業大学附属高校生徒が参加する「KSUサイエンス講座」開講

2014.07.24

TAG:

トピックス
 京都産業大学附属高等学校と本学が連携して自然科学系科目(数学、生物、コンピュータ、物理)の講義・実験を行うKSUサイエンス講座が7月24、25、28、29日の4日間にわたり実施され、附属高校2年生の理系志望者31人が参加した。参加した生徒は普段高校では経験できない授業や、触れることのない最新の設備・実験機器に触れ、目を輝かせながら熱心に実験に取り組んでいた。

 講座終了後、参加者からは、「ブラックホールの話など、興味のある分野の理解が深まった。」「講義は少し難しかったが、実験がとても楽しかった。」「進学の際の学部選びの参考になった。」といった意見が寄せられ、充実した時間を過ごしていた。

◆7月24日 講座:数学分野
理学部
森 隆一教授  _下 浩紀教授

◆7月24日、25日 講座:生物分野
総合生命科学部
黒坂 光学部長  板野 直樹教授  佐藤 賢一教授  _桑 弘樹教授
河邊 昭准教授  西野 佳以准教授 本橋 健准教授  

◆7月29日 講座:コンピュータ分野
コンピュータ理工学部
新實 治男学部長  大本 英徹教授  岡田 英彦教授  外山 政文教授  

◆7月30日 講座:物理分野
理学部
押山 孝教授   鈴木 信三教授  谷川 正幸教授   別所 親房教授
岸本 真准教授  下村 晋准教授  _木 征弘准教授  米原 厚憲准教授
生物分野の実験風景
数学分野の講義を受講
物理の実験を行った
PAGE TOP