KSU特別講義(メディアと社会とのかかわり)−本学OGでタレントの谷口キヨコ氏による特別講演実施

2014.07.10

TAG:

トピックス
 7月10日、共通教育科目「KSU特別講義(メディアと社会とのかかわり)」において、本学OGでDJ・タレントである谷口キヨコさんを講師に招き、「自身の経験や、学生の将来」について、熱く語った。

 谷口さんは、「最初はマスコミ業界に行くとは思っていなかった。縁があって今の職にいる。」とこれまでを振り返ったのち、学生の将来に関し、「かつては士農工商といった『ある』が価値基準であったが、今は『する』が基準。京都産業大学の学生で『ある』ことは変わらないが、今後何を『する』かは人それぞれであり自分次第で何でも『する』ことができる。いろんな可能性を持って今後の人生を歩んでほしい。」と語った。

 また、当日は、株式会社京都放送の堀田 学 常務取締役も特別講演を行い、マスコミ業界全般の話から、ラジオのメディアとしての側面や、KBSラジオについて講義した。

 堀田さんは、「災害が起こった時の情報のファーストインフォーマーはやっぱりラジオであり、とても重要なコンテンツ。また、我々AMラジオは、『しゃべり』で安心感を与えることに比重を置いている。どうすれば楽しく情報が与えられるのか、を常に考えていきたい。」
と語った。
講演する谷口キヨコさん
谷口さんの話に真剣に耳を傾ける受講生
講演する堀田 学さん
PAGE TOP