「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」第1 期派遣留学生壮行会が開催

2014.07.27

TAG:

トピックス
 平成26年7月27日に「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」第1 期派遣留学生壮行会が東京で開催された。本学からは、このプログラムに採用された、外国語学部の小山 楓(おやまかえで)さん、オリバレス ラフアエラ ヨシイさんも参加した。

 「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」とは、学生の海外留学を促進するという観点から、各領域でリーダーシップを発揮する多様な人材を支援し、海外留学の機運を高めることを目的に、自然科学系分野、複合・融合分野における留学や、新興国、諸外国のトップレベルの大学等に留学する学生を支援する官民協働海外留学支援制度である。
 この第1 期派遣留学生には全国の大学から323人が選出された。

 この制度には「自然科学系、複合・融合系人材コース」「新興国コース」「世界トップレベル大学等コース」「多様性人材コース」の4つがあり、小山さんは新興国コースでロシアに、オリバレス ラフアエラ・ヨシイさんは多様性人材コースでポーランドに、それぞれ胸に大きな希望を抱いて日本を飛び立つ予定である。
懇親会場で下村 博文文部科学大臣から激励の言葉を受ける小山さんとオリバレスさん
PAGE TOP