外国語学部英語学科 イングリッシュ・キャリア専攻(ECC)説明会 開催

2014.06.09

TAG:

トピックス
 2014年度より外国語学部英語学科で新たに開設されたECC(English Career Course)の募集説明会が6月9日に開催され、70人を超える英語学科の一年生が参加した。

 ECCは、本学が推進するグローバル人材育成事業の一環として、高度な英語力と専門性を武器に世界で活躍しようとするチャレンジ精神溢れる学生の育成を目的としている。

 ECCの学生は、講義科目を含めて卒業単位の約6割(68単位以上)を英語による授業で履修することとなり、さらに6か月以上の海外留学を経験することが求められ、卒業研究も英語で発表する。
 理論面の講義だけでなく、翻訳・通訳、航空業界、言語教育の分野で実務経験豊かな教員も参加し指導にあたる予定だ。

 説明会に参加した学生からは、ECCの特徴、選抜方法、修了要件などの説明に熱心に耳を傾け、単に「英語を使う」という実践的な能力にとどまらず、専門知識を英語で学びながら「英語で考え交渉できる」力を身につけようという高い向上心が感じられた。

詳しくはこちらをご覧ください「イングリッシュ・キャリア専攻(ECC)説明会」PDF
小柴健太先生(翻訳通訳学、応用言語学専門)がマイクを取り説明
英語学科の主任トーマス・ロブ教授他、多くの専任教員が説明会に参加し学生からの質問に答えた
PAGE TOP