硬式野球部 応援バスツアー実施

2014.05.25

TAG:

トピックス
 5月25日、関西六大学野球春季リーグ戦最終戦となる神戸学院大学戦が滋賀県皇子山球場にて行われた。この試合には、体育会本部主催の「応援バスツアー」が企画され、多くの学生が球場に足を運んだ。

 体育会本部主催「応援バスツアー」は、体育会加盟クラブを応援することを目的として毎年数回実施している企画で、今年で6年目になる。この日は、硬式野球部を応援するために、公募で集まった学生をはじめ寮生やラグビー部員など約300人の学生が参加し、卒業生、教職員と一体になって選手に声援を送った。
 応援が盛り上がるよう様々な工夫がされている。主催の体育会本部は編集局が『京産大アスレチック』の号外を配付し今季のチーム成績や試合内容を伝え、全学応援団は応援歌の歌詞カードと選手紹介を配付した。これらの工夫により、大声で応援歌を歌う学生や応援団と一緒にダンスを踊る学生など、みんなでリズムよくチアスティックをたたき、例年以上に応援に一体感があり盛り上がっていた。

 なお、試合は本学が序盤から有利に試合を進め、神戸学院大学に3−0と完封勝利し、最終戦で春季リーグ2位を決めた。
 「応援バスツアー」は秋にも予定されているので、注目したい。

【記事・写真:学生広報スタッフ 辻川 貴大さん(経営・3年次)】
観客と全学応援団とが一体になって応援
寮生やラグビー部も応援に駆けつけた
PAGE TOP