ドイツ協定校・ケルン大学からの訪問

2014.05.19

TAG:

トピックス
 5月19日、ドイツ・ケルン大学国際交流センター・協定校コーディネーターのDr. Johannes Muller(ヨハネス ミューラー)および留学担当者Ms. Gesa Morassut(ゲーザ モラスート)が来学し、本学学生対象にドイツ留学説明会が開催された。
 本学とケルン大学とは、2005年に交流を締結し、これまで互いに訪問実績があり活発な交流を行っている。

 ドイツ留学説明会ではまず全体に、ケルン大学についてドイツ語と英語で説明が行われた。約40名の学生が参加し、全体説明の後には、ケルン大学の留学担当者に学生が質問をするなど終始和やかな雰囲気で行われた。

 留学説明会後、藤岡 一郎学長、山岸 博副学長、島 憲男外国語学部教授、大坂 仁国際交流センター長、国際交流センター事務長を交え、両大学の交流について、活発な意見交換が行われた。
留学説明会参加者
ケルン大学担当者と本学出席者
PAGE TOP