佐藤 敬二氏が「京都の伝統文化」で講義

2014.04.23

TAG:

トピックス
 4月23日、共通教育科目「京都の伝統文化」の特別講義として京都精華大学教授の 佐藤 敬二氏がゲストスピーカーとして本学に訪れ、「京都の伝統文化と現代生活のライフスタイル」をテーマに講義が行われた。

 佐藤氏は、漫談のような語り口で「伝統とは何か、伝統を受け継ぐとはどういう事か、現代に於ける伝統の有り方とは」ということを提起し、映像や実際に京指物(さしもの)の技術を使った薬ケースを見せたり、お香の香りを体験するなど日本の伝統文化について紹介した。特に伝統文化の重要性について「たゆまない研究心が京都文化の地盤である。それが今の日本を支えている」強調した。

 また佐藤氏は「これから外国人に英語で京都文化を紹介する必要がある。だからこそ勉学をしっかりしてもらいたい」と語った。

【記事・写真:学生広報スタッフ 辻川 貴大さん(経営・3年次)】
佐藤氏の講義を熱心に聞く学生達
伝統産業の一つである京指物(さしもの)の構造について熱心に語る佐藤氏
東日本と西日本の【おひな様の配置】の違いを実演している様子
PAGE TOP