理学部主催 新入生対象入学前教育を実施

2014.03.30

TAG:

トピックス
 3月30、31日、理学部が新入生を対象に「自己の探究」および「理学の探究」と題した入学前教育を実施した。

 初日の「自己の探究」プログラムでは集中的なグループワークによって自己発見のきっかけを与えるとともに、早い段階で友人を作る機会を設け、2日目の「理学の探究」プログラムでは学科別で行う実験等を通して数学・物理の面白さや楽しさについて、新たな気づきを得て入学後の修学上の不安を解消することを目的に開催している。

 冒頭、村瀬 篤 理学部長より「理学部の新入生全体で行うグループワークによって友達を作り、他人から見た自分を知ることにより自己を見つめ直す機会としてほしい。また数学や物理の課題を実験したり考えたりすることによって、数学・物理のおもしろさを体験してほしい。そしてこの2日間のプログラムを終えたみなさんが、大学生活にスムーズに移行できることを願っています」とメッセージを送った。

 「理学の探究」では最後に実験結果等をグループ発表で行い、学科ごとに最優秀賞1チーム、プレゼン賞1チームが選ばれ学部長から表彰された。

 参加した新入生たちからは「まったく知らない人を知っていくのは楽しかった」「友達ができて入学式に参加できるのはよかった」などの感想が聞けた。
グループで実験を行う数理科学科新入生
在学生の助言を受けながら実験を行う物理科学科新入生
実験結果を発表する様子
PAGE TOP