グローバル・サイエンス・セミナー&フォーラム開催

2014.03.05

TAG:

トピックス
 2014年4月からスタートするグローバル・サイエンス・コース(GSC)のウォーミングアップイベントとして、3月5日〜8日に、グローバル・サイエンス・セミナー&フォーラムが開催された。GSCはグローバルに活躍する理系産業人の育成を目指し、理学部、コンピュータ理工学部、総合生命科学部の理系3学部と外国語学部が協同で開設するコース。

 4日間のセミナー&フォーラムでは、多彩なプログラムが実施された(詳細はこちら)。海外招聘講師からは、各専門分野の最新動向や、研究者となるために必要な英語の勉強方法などの講演があり、参加した学生からの質問に議論が白熱する場面が多くみられた(6日)。フォーラム「現場で必要となる力は何か?—理系産業人になるために—」(8日)では本学卒業生で、理化学研究所研究員の天野麻理氏が基調講演を行い、国際的な舞台で活躍するために必要な能力と心構え、思い立ったらすぐに行動することの大切さを話した。グラクソ・スミスクライン株式会社の藤井豪郎氏は、卒業後に就きたい職業を考え、大学時代にすべきことを見定める重要性について講演した。Global Saloon(5日)や、学生によるワークショップ「私のグローバル化とは?」(7日)など、ゲストと学生、教職員が交流するイベントが開催され、連日多くの参加者があった。

 詳細はこちら
「グローバル・サイエンス・セミナー&フォーラム」
「グローバル・サイエンス・コース」
5日のセミナーでは、本学学生の「留学のススメ」講演も行われた。
6日の学部別セミナーでは、海外講師が英語で講演を行った。
8日のグローバル・サイエンス・フォーラムでは、基調講演の後、本学OB・OGと学生のパネルディスカッションも行われた。
PAGE TOP