第48回追分寮祭 開催

2013.11.30

TAG:

トピックス
 11月30日、本学追分寮にて第48回追分寮祭が開催され、追分寮生をはじめ、葵寮生、国際交流会館の留学生、近隣住民でにぎわった。開会式では、藤岡一郎学長が「日々は規律ある生活を営んでいる追分寮生も本日は大いに追分寮祭を楽しんでほしい。」とエールを送った。

 昼の部では、追分寮前庭にて、各班が焼きそば、フランクフルト、豚汁などの模擬店を出店した。来場者は模擬店の食事を楽しみ、お互いの交流を深めた。
ステージでは、班対抗の早食い大会、追分寮生から選りすぐりの「美女」、葵寮生から「イケメン」が参加した「Ms.追分 Mr.葵」が開催され、来場者を虜にしたほか、バンド演奏も行われた。

 夜の部では、追分寮内ロビーに会場を移し、各班の有志によるイントロクイズ、漫才、葵寮生によるダンス、追分寮班長の寸劇などが披露され、会場は大盛り上がりで寮祭を終えた。

 追分寮祭実行委員長で班長の今泉 力さん(理・2年次)は、「寮生をはじめ来場して頂いた方に追分寮祭を楽しんで頂けたことを嬉しく思う。12人の班長と共に今までやってこれて本当によかった。」と感謝の言葉を述べた。

※追分寮は昭和41年に滋賀県大津市追分町に開寮。昭和57年に現在の京都市左京区静市市原町に移転し、これまで約11,000人以上の寮生を送り出している。
班対抗の早食い大会で激辛焼きそばを頬張る寮生
ステージではMs.追分 Mr.葵が開催された
自らマイクを握り熱唱する実行委員長
PAGE TOP