井手町魅力発見わくわくイベントバスツアー実施!

2013.11.24

TAG:

トピックス
 人口減少に悩む京都府井手町の魅力を本学学生に伝えたいと、「2013年度サギタリウス・チャレンジ チャレンジ部門」に採択された「地域とともに成長しようプロジェクト」の学生が、実際に井手町を訪れて町の人々と交流するバスツアーイベントを企画、11月24日(日)に実施した。

 経済学部 大西辰彦ゼミの学生がゼミで井手町の人口減少問題を学んだことがきっかけで、地域活性化を目標とし、井手町での町おこしイベントを開催したいとサギタリウス・チャレンジに応募、採択されたことから行われた。

 学生らは本学で採取したハチミツと井手町で栽培されたサツマイモ(鳴門金時)を練り込んだコラボ商品である「エナジーバー」の配布や、町の名所をめぐるスタンプラリーの実施など、町民と学生らが交流するイベントを行った。

 会場では飾り切りされたニンジンがかわいいタケノコご飯や、具だくさんな豚汁などが販売され、畑や果樹園豊かな井手町の魅力が感じられる場となった。その後は場所を移し、株式会社マイファーム 代表取締役社長 西辻 一真氏による「人と農をつなぐ担い手として〜自己実現の先に見えるもの〜」をテーマにした講演会が開かれた。聴講には学生の他に町民も訪れ、質疑応答では熱心な質問が飛び交った。

 参加者からは「のんびりしていてよかった」、「エナジーバーがおいしかった」という声が聞かれ、主催者側のゼミ生は「色々失敗したけれど、次に繋げたい」と語った。

【記事:学生広報スタッフ 本田 彩さん(法学・2年次) 中 大輝さん(コンピュータ理工・1年次)】
エナジーバーを無料で配布する学生(ゼミ生)たち
参加者全員で到着後記念写真
自己実現について語る西辻 一真氏
PAGE TOP