学生相談室主催セミナー「悲しみと共に生きる」開催

2013.11.20

TAG:

トピックス
 11月20日、学生相談室主催のセミナー「悲しみと共に生きる」が神山ホール3階第2セミナー室にて開催され、米虫 圭子 主任カウンセラーが「喪失の悲しみ」との付き合い方についての講義とワークを行った。

 講義では、喪失体験とは、人間関係による別れだけではなく、環境の喪失や能力の喪失も含まれることや、喪失体験後に起こり得る変化や悲しみから回復するための4つの課題について説明された。

 その後、お別れした大切な人からもらった「贈り物」に焦点を当てたワークを行い、喪失の悲しみを見つめることで、その背景に存在する温かい気持ちを感じ取るという体験をした。

 今回のセミナーについて、主催した学生相談室は、「『喪失の悲しみ』という心の深くにある大切な気持ちに焦点をあてたテーマで、参加者それぞれが自分の人生に真摯に向き合う時間になった」とふりかえった。
学生相談室 米虫 圭子主任カウンセラーがセミナーを行った
PAGE TOP