葵寮 初めての運動会 開催

2013.10.06

TAG:

トピックス
 10月6日、総合体育館では葵寮生116人が一同に集まり、大声援が飛び交う中、8種目の競技と1演技を行う運動会を開催し、大変な賑わいとなった。
毎年、寮生から運動会を開催して欲しいとの要望があり、今年度11期生班長が道を開き、実現した。

 満足と楽しさが得られるかを追求し、編み出されたのが団体競技を中心にした種目で、チームを紅組(南棟寮生)と白組(北棟寮生)の2つに分け、競い合い、日ごろ交流がない寮生とも競技を通じ、打ち解け、話ができるように工夫されていた。ときには真剣に、ときには大笑いし、和やかな輪をあちこちで見ることができた。

 中でも、「人類の進化」と名付けられたリレー種目は、第1走者が、いわゆる「ホフク前進」で進み、第2走者が「赤ちゃんの這い這い」で進み、第3走者が「中腰歩き」で、第4走者が「片足で進み」、第5走者が「全速力で走る」という内容で、会場がドッと沸いた。通常の二人三脚やボール運び、借り物競争などの各種目もアイデア満載で、一ひねりした競技内容となっていた。また、競技の締めくくりとなった運動会の「花」リレー競争は、体育館を半周してタスキを次の走者につないでいったが、大変な迫力だった。

 最後に、1週間かけて練習してきた懐かしい「マイムマイム」を全員、輪になって踊り、寮生の心が一つになって終えることができた。

 寮生からは、口々に、「楽しかった!」「葵寮のみんなと思い出が作れて良かった!」との感想が聞かれた。
ボール運び「人生easyモード」
参加者全員によるマイムマイム!
PAGE TOP