第1回全学FD/SD研修会(障がい学生支援に関するFD/SD)開催

2013.09.25

TAG:

トピックス
 9月25日、教育支援研究開発センター、ボランティアセンター共催で、平成25年度第1回全学FD/SD研修会(障がい学生支援に関するFD/SD)を開催し、本学教職員40名が参加した。

 研修会では、藤岡一郎学長による開会挨拶の後、井上友裕ボランティアセンター事務室課員より、「障がい学生支援に関する全国的な状況と本学での支援について」をテーマに、「発達障害者支援法(平成17年度施行)」をはじめとする法律の整備状況や、本学の障がい学生の受け入れ状況および支援体制の現状と課題について講演が行われた。

 ワークセッションでは、実際に授業や窓口応対で障がい学生への支援を行っている教職員3名が、失敗談や大学への提案を交えながら、具体的な支援方法、工夫している点等について語った。

 参加者からは、「具体的な授業での実践事例が聴けてよかった。ボランティアセンター以外にも、教学センターが障がい学生の窓口になっているとは知らなかった」「本人と教員といった個々の関わりにとどまらず、周りの学生・教職員を巻き込み、大学全体で取り組んでいくことが重要だと感じた」等といった意見が寄せられた。

 今回の研修会の内容は、後日、リーフレットやホームページ等で報告を行う他、本テーマについては、今後も引き続き、学内で情報共有・意見交換を行っていく予定である。
クイズも交えながら障がい学生支援の現状と課題について講演する井上氏
藤岡学長による開会挨拶
PAGE TOP