「キャリファシふりかえりの集い」開催

2013.08.09

TAG:

トピックス
 8月8、9日の2日間にわたり、「キャリファシ(キャリア科目担当学生ファシリテータ)ふりかえりの集い」が開催された。

 キャリファシとは、1年次生のキャリア形成支援教育科目である『自己発見と大学生活』の授業をサポートする先輩学生である。

 春学期の授業で明らかになった各クラスにおける運営の課題、受講生への対応方法などについて共有し、次年度の改善に向けて議論を行った。集いの最後には、科目に対する課題や要望などを提言としてまとめ、藤岡学長に報告した。

 また、個人での振り返りも行い、キャリファシ活動を通して、得たものや学んだことをまとめた上で、今後に向けた決意表明を学長、メンバーに対して発表し、その後、学長よりキャリファシ活動証明書が授与された。

 学長からは、「感謝の気持ちを表しきれない。授業を通して得た多くのことを新たな挑戦に活かしてほしい。」との激励が送られた。

 参加したキャリファシからは「円滑な授業運営をするにあたり困難なこともあったが、多くのものを得ることができました。」「授業運営に関する課題点の洗い出しや共有ができたので、これから改善していきたいと強く感じました。」などの声が挙がった。

 今秋には次年度のキャリファシ活動に向けたイベントが検討されており、今後の発展が期待される。


【記事:学生広報スタッフ 竹村 知紘さん(経済・4年次)】
ワークに取り組む様子。活発な意見交換がなされた。
授賞式の様子。学長より一人ひとりにコメントが送られた
全体記念写真
PAGE TOP