「大学の歴史と京都産業大学」今井同窓会長特別講義

2013.07.08

TAG:

トピックス
 7月8日、518教室において、京都産業大学の同窓会会長である今井一雄さんが共通教育科目「大学の歴史と京都産業大学」の特別講師として教壇に立った。本科目は世界の大学の歴史をさぐりつつ、京都産業大学で学ぶことの意義を学生に考えてもらうことを目的としている。

 今井さんは「産業(むすびわざ)と神山スピリッツ」というテーマで講義を行い、「常に変化している世界に対応していくには、若いうちからの心構えが重要である」と語った。また、「本学で学んだことに自信を持ち、失敗を恐れずトライアルし続けてほしい」と学生にエールを送った。

 講義を受けた学生からは「これからいろんなことに挑戦したい」「4年間がんばろうと思った」とコメントが寄せられた。

【記事:学生広報スタッフ 前田 憧子さん(文化学部・3年次)・竹村 知紘さん(経済学部・4年次)】
世界問題研究所の若泉 敬 元所長についてなど、大学の歴史を紹介した
OBとして学生にアドバイスする今井同窓会長
PAGE TOP