硬式野球部 関西六大学野球春季リーグ戦 優勝祝賀会

2013.07.14

TAG:

トピックス
 7月14日、硬式野球部の関西六大学野球春季リーグ戦優勝祝賀会がブライトンホテル京都で開かれ、選手や監督をはじめ、硬式野球部関係者、硬式野球部OB、選手の保護者等、約150名が出席した。

 本学を代表して藤岡 一郎学長より「今回の優勝は、選手の日頃の練習の積み重ね、部長・監督をはじめとする指導者の方々によるご指導、そして卒業生、保護者をはじめ皆様のご支援によるものと感謝しています」と挨拶し、全日本大学選手権を振り返り「選手・チーム・応援の一体感が見る人に感動を与える。硬式野球部はその範を示してくれた」と感謝を述べた。

 勝村 法彦硬式野球部監督は、「全日本選手権では背中から非常に大きな応援を感じ、勝って恩返しがしたかった。チームは成長している最中なので、秋に向けて一丸となって頑張り、恩返しをしたい」と意気込みを語った。また、「優勝のプレッシャーの中、吉田主将を中心に選手みんなが本当に頑張ってくれた。前回に続き、三連勝しなければ優勝できない厳しい状況だったが、日々の練習から諦めない心を鍛えてきたことが粘りに繋がり優勝できた」と選手を労った。

 主将の吉田 裕さん(経営・4年次)は、「春季リーグ戦、全日本選手権では皆様に応援していただき、ありがとうございました。秋季リーグでは三連覇を目指して頑張ります」と元気に決意表明を行った。
決意表明する吉田主将
勝村監督の挨拶
全學應援團 仲野團長による学歌演舞
PAGE TOP