総合生命科学部 バイオフォーラム2013「中米諸国のシャーガス病防圧作戦」開催

2013.06.26

TAG:

トピックス
 6月26日、15号館15102セミナー室において、フジ環境サービス株式会社 学術顧問 医学博士 田原雄一郎さんを招き、総合生命科学部 バイオフォーラム2013が開催された。

 演者の田原雄一郎さんは、は55歳の誕生日の前日,中米のグァテマラで展開中のJICA(国際協力事業団)の熱帯病防圧研究プロジェクトに参加した。
1994年(平成6年)8月,グァテマラにJICAの医昆虫学専門家として、San Carlos Universityの研究者達と共同で、シャーガス病の媒介虫(サシガメ)の生態・分布・防除について、約5年間調査研究を実施した。

 本フォーラムでは、グァテマラでの研究概要とその成果について紹介した。
田原さんは、サシガメ調査法の確立、リスク家屋の洗い出し、全国分布調査、防除法の確立などに現地の共同研究者と全力を傾注した。その結果、サシガメの防除は成功し、グァテマラにおけるシャーガス病の被害は激減した。
 2003年からWHOの後押しで展開されたホンジュラス、エルサルバドル、ニカラグアでのサシガメ防圧作戦にも参加し、成果を挙げたことも報告した。
講演する田原雄一郎さん
講演に聞き入る参加者
PAGE TOP