神山天文台 平成25年度補助員養成講座開催

2013.05.22

TAG:

トピックス
 5月22日、神山天文台で「平成25年度補助員養成講座」の第1回目が開講した。同講座は、一般公開で学生アルバイト(補助員)として活躍する学生を養成するために神山天文台が毎年開講している。

 講座には、「神山天文台で活躍したい」という学生が数多く集まり、例年よりも多い約40名の学生が参加した。学部・学科も理学部に限らず様々で、神山天文台や天文学に興味を持つ学生が大変多いことがうかがえた。

 講座では、河北 秀世 神山天文台長、西 浩司 研究機構事務部長が受講生たちへの期待を述べた後、吉川 智裕 研究員が実際に神山天文台の施設を回りながら、神山天文台、荒木望遠鏡の案内の仕方を講義した。講座の後、現役で活躍する上級生の学生アルバイト(補助員)や神山天文台スタッフとの懇親会・観望会が開かれ、お互いの親睦を深めた。

 講座受講者は、この講座(年4回)で観望会の実施に必要な知識、技術を学び、来年3月から神山天文台の天体解説補助員として、神山天文台の公開活動で活躍することを目指す。
講座について説明をする吉川 智裕 研究員
神山天文台について紹介をする河北 秀世 神山天文台長
PAGE TOP