生涯学習講座スポーツ教室 −ジョギング教室(前期)−

2013.05.22

TAG:

トピックス
 5月22日、陸上競技部監督 伊東 輝雄 体育教育研究センター教授による指導のもと、スポーツ教室「ジョギングコース(前期)」が始まった。このコースは、今年度から、春(前期)と秋(後期)の2期に分かれ、前期開催は、5月22日、29日、6月19日、26日、7月17日(全水曜日)計5回の開講を予定している。

 本コースは、これからジョギングを始める初心者から、フルマラソンに参加するという上級者まで、誰でも参加できる教室として開催している。今回は19歳から88歳まで23人の参加があり、ジョギングを通して世代を超えた交流を行うことができることも、この教室の魅力の一つになっている。

 教室では、経験者はその日の体調に合わせて走行距離を選択し、1km5分〜6分のペースを目安に、1周400mトラック20周を目標に設定し、ジョギングを行った。初心者は参加者同士で会話をしながら楽しくジョギングすることを目的とし、各自にとって走りやすいペースでトラック10周を目標にジョギングを楽しんだ。

 受講者に参加理由を聞いたところ「運動不足になので、仲間と一緒に走ることで刺激をもらい、ジョギングを始めるきっかけにしたかった」「京都マラソンに向けてレベルをあげたい」など、競技レベルの向上や新しい人との交流など参加者それぞれが目的を持って参加している。

 今後は、撮影したジョギングフォームをもとに、ミーティングルームでビデオ映像を見ながら、個々人に応じたジョギングフォームの解説やアドバイスも行っていく。
学生スタッフによる準備体操
ジョギングの様子
参加者のサポートをする学生スタッフ
PAGE TOP