外国語学部主催シェイクスピア劇「じゃじゃ馬馴らし(The Taming of the Shrew)」開催

2013.05.20

TAG:

トピックス
 5月20日、神山ホールにおいて、ロンドンの劇団「International Theatre Company London」によるシェイクスピア劇「じゃじゃ馬馴らし」が原語にて上演され、学生・教職員のほか、親子連れなど一般からの参加者も含め、約420人が観劇した。

 シェイクスピア劇の開催は、コミュニケーションとして英語を学ぶことを目的に、2007年に「夏の夜の夢」を招聘したのがきっかけで、今回で6回目となる。

 今回の「じゃじゃ馬馴らし」はイタリアを舞台に、異なった個性を持つ姉妹とその求婚者たちが互いに火花を散らし合う、陽気な恋と闘いの物語。シェイクスピアの喜劇の中でも初期の戯曲の一つで、現代にも十分に通じる様々な問題提起をしながら、スピーディーな展開を理屈抜きに楽しめる人気作品である。

 音楽や日本語字幕の助けもあり、芸達者な英国の俳優による英語のリズムの美しさと、本場の演技は、多くの観客を魅了し、大盛況のうちに終了した。
英語にて上演され、日本語字幕がつけられた
客席の観客を壇上に上げ、笑いを誘った
学生・教職員・親子連れなど一般からの参加者を含め、約420人が観劇した
PAGE TOP