ラグビー部 交流会開催

2013.05.18

TAG:

トピックス
 5月18日、ラグビー部の清河部長、大西総監督をはじめコーチングスタッフと選手全員が揃い、日頃お世話になっている卒業生や地域の方々等と交流会を行った。

 この交流会は、今年のリーグ戦に向けて、新主将の決意表明と新入生の紹介を兼ね、毎年開催している。今年は、会場となった京都市西京区大原野の竹林に、和歌山県で生きたまま捕獲したイノシシ2頭が運び込まれ、丸焼きにして約120名の参加者に振る舞われた。

 大西総監督は、「多くの方々に支えていただいている感謝の気持ちを忘れず、学生王者である帝京大学に本気で勝ちに行く」と語り、三原主将は感謝の気持ちを述べたうえで「目標達成に向けて頑張ります」と力強く意気込みを語った。その後、今年入部した選手21人とマネージャー1人が挨拶し、自己紹介と決意表明を行った。

 参加者は、「しっかり食べて丈夫な体を作ってほしい」「イノシシのように激しいタックルを」「今年こそ全国大学選手権出場を期待している」と選手を激励した。
大西総監督の挨拶
交流会の様子
イノシシの丸焼き
PAGE TOP