天文同好会主催「上賀茂神社観望会」開催

2013.05.07

TAG:

トピックス
 5月7日、上賀茂神社で本学天文同好会主催の星空観望会が開催された。天文同好会では多くの人に星の魅力を知ってもらおうと、同会所有の望遠鏡を持参し、小学生や地域の方を対象に、星空の解説を行う観望会を大学近くの小学校や世界文化遺産である上賀茂神社などで、不定期に行っている。

 今回の観望会では、上賀茂神社境内にテントを設置し、天文同好会のメンバーが北斗七星やしし座、おとめ座などの星座の特徴や見つけ方をスライドショーで解説。また、夜の観望では望遠鏡で土星を観察したり、夜空に瞬く3つの星を結んだ春の大三角や冬の大三角を探した。参加者は雲の隙間から見える星々を指さし、思い思いに観望会を楽しんだ。


4月の学内観望会の様子はこちら
4つの望遠鏡を使って観望した 
スライドショーの星座解説
PAGE TOP