メキシコ・グアナフアト大学からの訪問

2013.04.15

TAG:

トピックス
 4月15日、メキシコ・グアナフアト大学の社会学部学部長をはじめ、4名が来学した。山岸 博 副学長、今井 洋子 外国語学部教授、フェルナンデス・コボ 外国語学部准教授、下田 幸男 外国語学部准教授、鈴井 清巳 国際交流センター長が出迎えた。
 本学の図書館や寮などを訪れた他、授業にもゲストスピーカーとして参加し、グアナフアト大学の映像による紹介と質疑応答が行われ、本学学生とスペイン語による交流がなされた。

 質疑応答では、学生から「仕事で大変なことは何ですか?」「何人くらいの学生がいますか?」「日本人はいますか?」など、活発に質問があり、その一つ一つに丁寧な受け答えがあった。

 グアナファト大学は、1732年にイエズス会の学校として設立され、1955年から州立大学となった。約200名の学生が日本語学科で、日本語や日本文化を学んでいる。
授業での一幕
グアナフアト大学訪問者と本学出席者
PAGE TOP