第4回全学FD/SD研修会:ゼミ全学実態調査報告会開催

2013.03.12

TAG:

トピックス
 3月12日、教育支援研究開発センター主催(共通教育推進機構、キャリア教育研究開発センター、就業力育成推進室共催)で「第4回全学FD/SD研修会:ゼミ全学実態調査報告会」を開催し、47人の本学教職員が参加した。

 本学では、「ゼミ・研究室の活性化」を目的に掲げた活動に全学的に取り組んでいる。
 平成23年度に、就業力育成実行プロジェクトチーム(リーダー:柴孝夫副学長)が主体となって、「ゼミ・研究室などにおける『就業力育成支援』活動の全学実態調査」を実施し、全専任教員の85%(321名)から回答を得た。
 平成24年度には、教育支援研究開発センターの高等教育調査・研究ワーキンググループ(リーダー:佐藤賢一副センター長)が、その集計・結果分析を行った。

 本研修会の様子は、コンピュータ理工学部の協力を経て、授業収録システムを用いて収録された。Moodle(オンライン)上で受講することが可能である。この他、本調査の分析結果を段階的に公開し、ゼミ・研究室の活性化に向けて、今後も引き続き、学内の教職員間で議論・情報共有ができるコンテンツを用意する予定である。

 詳しくは教育支援研究開発センター FD/SD研修会HP
少人数体制での教育活動の実態把握と、学生の実力向上の方策を探った
オープンディスカッション
PAGE TOP